4月三次庄原例会事業「希望の光はみんなの掛け声」

4/20、4月度例会事業三次庄原合同例会「希望の光はみんなの掛け声」を開催いたしました。
毎年三次青年会議所さんと合同での例会事業をさせていただいております。
 
今年の事業内容はブラインドサッカーでした。
三次と庄原の会員同士がスポーツを通じて交流し、今後も繋がりがしっかりと続くようにと事業を構築いたしました。
ブラインドサッカーはアイマスクをした状態で、みんなの声や音の鳴るボールなど音を頼りにサッカーをします。多くの方が初体験だったと思いますので、運動苦手な人も取り残されることなく、特に新入会員など若手がとてもイキイキしていたように感じました。
何より、ブラインドサッカーというスポーツを通してみんなの笑顔と様々な制限はいまだあるなかではありますが対面形式の大切さがとても心に残りました!
 
また、庄原青年会議所では今例会を持ちまして、仮入会員3名が正会員へと承認されました。新たに23名で活動して参りますのでよろしくお願いいたします。
今回の事業のようにJCでは様々な活動を通して多くの交流がありますので、これを会員拡大にもつなげ、多くの人に活動を知っていただけたらと思います。
 
そしてなんと!
今例会においては、三次庄原ともに!例会出席率100%となりました!!歴史的!
ありがとうございます!!!
 

関連記事

  1. 7月度事業「「Future tech!」時代を生き抜く力」開催しました!

  2. 2021年新年互礼会開催

  3. 2020年度 事業報告ポスター

  4. 庄原市長選挙立候補予定者による公開討論会

  5. 4月度庄原三次合同例会『JC力向上委員会 ブロック会長のすべらない話』

  6. 2月度例会事業「ニューノーマル交流会~時代に合った交流のカタチ~」

  7. 7月度例会事業「市長懇談会」

  8. 3月度例会事業「LOMアカデミー リミテッドシチュエーション」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP