7月度例会事業「庄原ではたらく大人たちによる高校出張事業」

西城紫水高校の高校1年生33名を対象に、「庄原ではたらく大人たちによる高校出張授業」を開催いたしました。本事業は、当初7月に予定されておりましたが、本年7月の豪雨災害の影響で延期になっておりました。当日は、16名の社会人講師が和気あいあいとした雰囲気の中、「仕事をする上で大事にしていること」など、生徒への事前アンケートで要望が多かった4つのテーマを中心に、生徒たちと座談会を行いました。また、庄原商工会議所の本平専務理事には、庄原の商工業状況や庄原で働くことの利点等の講演もしていただきました。未来ある高校生にとって、自身の今後の人生を考えるきっかけになるとともに、地元の企業やそこで働く人と直接交流する場を持ってもらうことで、庄原(県北)で暮らすという考えの将来的な芽生えのきっかけにもなる事業になりました。

関連記事

  1. 10月度例会事業、「庄原JC心を一つに~挑戦し続けろkeep on running」

  2. 中国地区コンファレンスで褒章事業表彰にて「最優秀事業賞」を獲得しました。

  3. 広島ブロック野球大会

  4. 1月度例会 新年互例会

  5. 4月度事業 キッズマネーアカデミー

  6. 11月例会事業 災害ボランティア合同セミナー

  7. 3月例会事業 LOMアカデミー

  8. 廃校ノスタルジアin帝釈小学校

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP